薄毛治療の新たな選択肢
英国式頭皮アートメイク

お金をかけた先にきちんと

目に見える結果を。

イギリスバーミンガムにて20年以上もの歴史のある
手打ち頭皮アートメイクの開発者から直接技術を取得。

手打ちによる技法により色素注入の深さや毛根配列を
お客様に合わせて調整致します。

吉田れい
吉田れい
instagram-reiscalpartmake

M字が後退してきた…果たして頭皮アートメイクは適応??

 

 

頭皮アートメイクとM字の後退の関係性について

はじめに

近年、頭皮アートメイクという施術が注目を集めています。この施術は、地肌の透け感やM字の後退などの頭皮の悩みをカバーするために行われます。本記事では、頭皮アートメイクとM字の後退の関係性について深く掘り下げてみたいと思います。

頭皮アートメイクとは

頭皮アートメイクは、頭皮に「専用のアートメイク用の色素」を使用して、生え際のデザインを変更したり、頭頂部の毛量が十分にある部位と少ない部位の“コントラストの差“を軽減させる技法です。

この施術は、タトゥーとは異なり、ゲストの毛根を自然に再現することに特化しています。頭皮アートメイクは、薄毛やM字の後退に悩む人々にとって、自信を取り戻す手段として注目されています。

頭皮アートメイクの施術方法は、専用の針を使用し頭皮に微細な傷をつけ、傷に対して色素を注入するといったものになります。

施術前には、施術者がカウンセリングを行い、希望する施術の範囲や頭皮アートメイク施術におけるゴールを確認していきます。施術中は、ゲストの快適な状態を保ちながら施術を進めていきます。

M字の後退とは?

M字の後退は、男性型脱毛症の一種であり、男性の多くが経験する問題です。M字の後退は、頭頂部の髪の毛が徐々に細くなり、Mの字の形を作るように後退していく現象です。この後退は、遺伝的な要素やストレスなどが関与しています。

M字の後退に悩む方々は、髪のボリュームを失うことから「前髪で隠す」「パーマをかける」などの限られたヘアスタイルになってしまうことがあります。薄毛の進行は個人差がありますが、一度進行してしまうと、自然に髪を生やすことは難しくなります。

頭皮アートメイクと生え際の透け感への関係性

頭皮アートメイクは、生え際の透け感に悩まれている方々にとっては非常に効果的な解決策となります。

この施術によって、頭皮の地肌感を色素で補うことで、生え際の透け感が目立たなくなります。

さらに、頭皮アートメイクは正しい技法で施術を行うことで、他の人には気づかれない自然な仕上がりを再現することができます。

しかし、問題は「AGAが進行性」であり頭皮アートメイクを施すことでドットだけが残る可能性があるということです。

その場合、離れ小島のようになり不自然に思わせてしまいます。

あくまでも、頭皮アートメイクは毛根を再現する技法であり、「発毛を促すわけではありません」

そのため、頭皮アートメイクと併用してAGA治療(内服薬、植毛、塗る育毛剤 等)を進行させていくことが望ましいです。

結論

頭皮アートメイクは、生え際の透け感に悩む人々にとって画期的な解決策となることができます。この施術によって、頭皮の薄毛をカバーすることができ、自然な見た目を実現することができます。頭皮アートメイクを検討している方は、信頼できる施術者に相談してみることをおすすめします。

また、頭皮アートメイクの技術は進化しており、より自然な仕上がりを実現することが可能です。しかし、施術を受ける前には、リスクや副作用についても理解しておくことが重要です。個々の状況に合わせた施術内容やアフターケアにも注意が必要です。自分自身の髪の悩みに合わせて最適な解決策を見つけるために、施術者のアドバイスを受けることが大切です。

頭皮アートメイクは、自信を取り戻し、より充実した日常を送るための手段となるかもしれません。

ぜひ、頭皮アートメイクを薄毛治療の選択肢として考慮いただけると嬉しいです。

英国式頭皮アートメイク看護師 吉田 れい